Salon de Balcony|Balcony and Bed

news

Organic Chocolate Present

最近、時々吹く強い春風に、うきうきと心揺さぶられている今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんにちは、ディレクターの野口アヤです。

バルコニーでは、昨年から引き続き、この春のフェアでオーガニックチョコレートをプレゼントさせていただいています。

昨年は、People Treeとの服のコラボレーションを記念してPeople Tree×Biopleオーガニックチョコレートでしたが、

今年はエキゾチックなテーマやベトナムからのイメージソースに合わせて、ベトナムのMAROUのオーガニックチョコレートをセレクトしています。

MAROUマルゥ チョコレートの生みの親、ヴィンセントとサミュエル、
ふたりのフランス人は、ベトナムの良質なカカオの素晴らしさを発見し
魅せられ、この素晴らしさをそのままに伝えたいと心に決め、ひとつの産地のカカオからひとつのチョコを作る、こだわりの「シングル オリジン」チョコレートを作っています。
原材料は彼らが買い付けるカカオ豆と、サトウキビからとれる砂糖だけ。
乳化剤などの添加物はもちろん、バニラすら使わない。

IMG_1121

マルゥの味わいは濃密なのに素朴、艶やか、
爽やかな口どけ、長く続く芳醇な薫り。純粋なカカオならではの味わいです。

単純なほど深く、素晴らしい、とはこのこと。。

オーガニック素材や作りにこだわった姿勢は、バルコニーでももっともっと見習いたいところです。

この春夏も、オーガニックコットンやこだわりのリサイクル素材など、少しずつですがいつもより増やし、取り入れていますので、ぜひチェックしてみてください。

それでは、また。

’17SS 2nd展示会 準備編

こんにちは。野口アヤです。

今回は、昨日まで開催していた、夏物展示会の準備のもようを。

まずは先週末、上がってきていたサンプルをコーディネート。

ひとつひとつの服がコーディネートすることによって命が吹き込まれるような作業です。

展示会のディスプレイイメージもだんだん具体的に見えてくる瞬間でもあります。

IMG_0686

 

 

 

そしてここ数シーズン続けているテーマカラーのアートペイントウォール作り。

かなり大きなキャンバスになるので、企画スタッフにも手伝ってもらい、塗っては乾かし、手直ししては乾かし、納得のいい色が出るまで繰り返します。

そして出来上がる頃に、会場のイメージも具体的になってくるのです。

IMG_0697

展示会2日前ぐらいには、テーマにあったディスプレー小物を探しに、

リースに回ります。

ここはもう十何年お気に入りの場所。

カゴやキリムやクッションをお借りして、エキゾチックなリゾート空間を作る計画にはぴったりです。

IMG_0780

IMG_0777

中庭的な作りの空間。どこか外国にいるような、まさにエキゾチックな素敵な空間でした。

IMG_0787

プライベートで自分の家に欲しいと思った、古いキリムを張り直したスツール達。

週末にまたゆっくり来たいところです。

IMG_0786

セレクト途中で入れてくださったアップルミントティーも本格的な美味しさでした。

一息入れたら、展示会場に戻って設営です。

形になった展示会のもようは次回以降でお伝えします。

それではまた。

二十四節気

2月に入りました。

まだまだ寒いですが、二十四節気では立春。

日本の旧暦の二十四節気とは、太陽暦と太陰暦を組み合わせた、昔からの日本の暮らしの暦。

春夏秋冬の四季、それらを6等分した二十四節気、さらに3等分した七十二候という、

細やかな季節の移ろいを取り入れられていました。

とは、写真の本からの抜粋。

この何ヶ月かの私の愛読書のひとつです。

 

IMG_0659

バルコニーでは今シーズン、

日本の旧暦の二十四節気と七十二候を意識した物作りをしています。

自然のリズムによりそう、モチーフのデザインや色出し。

2月上旬のキーワードで意識したのは、春風、うぐいす、梅、です。

春風にそよいで美しい、うぐいす色のライトコート、梅花のような小花のモチーフ、など。

先週ホームページも春バージョンにリニューアルしているので、

実際にコレクション写真やアイテムを見ながら想像していただけたら嬉しいです。